バターの保存法。冷蔵と冷凍を使い分けて美味しく食べきる方法。

スポンサーリンク
食の雑学

料理に入れただけで、豊かな香りが鼻をくすぐるバターは、ここぞというときに使いたい調味料のひとつです。

バターはある程度の大きさで売っていることが多く、開封したら、だいたい2~3週間で使い切ると美味しく食べきることができます。でも、「そんなにバターを使い切れない」ってこともありますよね。うっかりしていると、バターの表面が黄色くなって、硬くなってしまいます。

そんな場合は、冷凍保存すれば美味しさを保って保存することができます。

今回は、バターを冷蔵や冷凍するうえで、美味しさをたもって保存する方法について、お話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バターは冷凍保存できる

バターは冷凍で保存できますが、保存期間はどのくらい延びるのでしょうか。また、冷蔵ではどのくらい保存できるのでしょう。バターの保存期間について見ていきましょう。

バターの保存期間

・冷蔵の場合
 バターは未開封であれば、3ケ月ほど賞味期限があります。ただし、開封してしまうと、賞味期限に関わらず2~3週間ほどが美味しく食べられる期間です。

・冷凍の場合
未開封のバターをそのまま冷凍した場合は、半年は保存が可能です。開封後の使いかけのバターを冷凍した場合は、およそ1ケ月保存ができます。

バターの保存方法

・冷蔵で保存する方法
バターは空気に触れていると、最大の魅力でもある風味が落ちてしまいます。開封したら、包んであるアルミの紙の上から、ぴったりとラップで包んでおくと、風味を損なうことなく最後まで食べられます。

・冷凍で保存する方法

【用意するもの】
バター・・・冷凍したいだけ
冷凍用の食品ラップ・・・適量
冷凍用の保存袋・・・適量

【冷凍の手順】

  1. 使いやすい分量に小分けにしたバターを、空気が入らないようにラップでぴったりと包みます。
  2. 冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。
    バターを冷凍するとき、なるべく長く保存させたいなら、冷凍庫の奥の方に入れるようにしましょう。家庭で使う冷凍室は開けたり閉めたりすることが多く、温度変化が激しくなります。バターを冷凍室の奥の方に入れておくことで、外気に触れて温まることが避けられます。

小分けにするときのバターは、大さじ1を目安にしておくと、お料理のレシピに対応できて便利です。バターの大さじ1は15mlで重さにして12g小さじ1は5mlで4gです。

計りがない場合も、切り方を工夫することで、大さじ1のサイズにカットできますよ。スーパーで購入できる一般的なバターは、200gのサイズが多いので、16等分するとだいたい12gになります。16等分するには、まず2つに切って、それぞれをさらに2つに切ります。これを4回繰り返すと1/16サイズ、つまり大さじ1にカットできます。さらにそれを3等分すると、小さじ1になります。

バターの解凍方法

冷蔵庫に移して自然解凍するのがベターです。解凍の目安は大きさにもよりますが、固まりのまま冷凍したものでも、ひと晩あれば解凍できます。

注意点 再冷凍はヤメて!
一度解凍したバターをもう一度冷凍すると、風味が損なわれ、品質劣化にもつながります。せっかく風味の良さが命のバターを使うのに、風味が損なわれてしまっては、元の子もありません。冷凍したバターを余分に解凍してしまった場合は、そのまま冷蔵庫で保存し、早めに使うことをおすすめします。

バターはもともと腐りにくい食品ですが、油の酸化などにより劣化が進みます。冷蔵して使う時にも、ちょっと気をつけるだけで保存性が高まります。つぎに、使っている間に気をつけるといいことを、お伝えします。

バターの使い方

水気のついたナイフやスプーンを使わない

水分がバターの表面につくことで、酸化が早まり品質の低下やカビが生えてしまうこともあります。バターに直接触れる食器類は、水分をしっかりふき取ってから使いましょう。

ナイフや箸を使いまわさない

お料理中に炒めていた菜箸や、他の調味料などをすくったスプーンで、そのままバターを削ってしまうことがあるかもしれません。また、パンにバターを塗ってからもう一度バターを取ってしまう、なんてこともありますよね。

他の食材やその食材の持つ水分が、カビの発生の原因になることもあります。バターを使うナイフやスプーンは使いまわさずに、清潔なものを使用するようにしてくださいね。

黄色く変色していたり、カピカピになってるときは?

バター入れの蓋を開けたら、バターの表面が乾燥していたり、黄色く変色していたりすることがあります。表面が多少乾燥しているだけなら、問題はありません。バターの水分が蒸発し、乾燥してしまうのです。

 

もちろん食べられますが、風味は落ちてしまっています。新鮮なバターに比べると、その価値は半減してしまいます。

食べない方がいいバターって?

 

ほんらいは傷みにくいバターなのですが、もしつぎのような見た目やにおいがするときは、腐敗が進行中の可能性があります。食べるのを控えて、処分してしまいましょう。

・バターが中心部まで濃い黄色や茶色になっている。
・バターの表面にカビが生えている。
・古くなった油のにおいがする。
・冷凍焼けを起こして、冷凍庫のにおいが染み付いている。

冷凍焼けを起こしただけなら、食べることはできるのですが、嫌なにおいが鼻について美味しく感じられません。こちらも使用は避け、処分してしまった方が良さそうです。

おわりに

今回は、バターの保存方法についてお伝えしてきました。

バターはサラダ油などに比べると少し高価で、料理の風味づけに使うのに向いてます。いつでもたっぷり使いたいというより、ちょっとだけ料理にプラスするイメージでしょうか。

ですが、あるとなしでは、断然ある方が美味しく感じます。毎日ちょっとずつ使うのなら、冷凍保存がやはりおすすめです。冷凍保存しておけば、いつでもちょっとだけ、風味をよくすることができますよ。