鮮度を保つ。卵の保存方法とは

スポンサーリンク
食の雑学

卵はスーパーなどで冷蔵されることなく売られているのを見かけます。ですが、ご家庭では冷蔵庫で保存されていると思います。この違いは何故なのでしょうか。卵はどう保存すれば、より鮮度を保てるのでしょう。
卵を新鮮に保つための保存温度、保存場所、保存方法についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

卵を保存する温度

卵のパッケージにはよく「10℃以下で保存してください」と記載されています。ですからご家庭では冷蔵庫での冷蔵保存が基本となります。スーパーでは常温で売っている場合が多く、大丈夫なの?と思ってしまいますが、これには理由があります。

卵には「気孔」という卵が呼吸するための小さな穴が無数にあって、卵と室温の差によって結露が卵の表面に付くと、水分中の雑菌が気孔から卵に入り、傷みやすくなってしまいます。温度差をなくして結露による傷みを防ぐために、常温で販売している卵が多いそうです。
また、常温以外にも冷蔵で販売されている卵もありますが、これらの場合は、流通の時点から販売まで一貫して冷蔵されて売られているそうで、より鮮度が期待できる商品といえますね。

卵は保存する温度が高いほど鮮度が落ちてしまいますので、ご自宅に持ち帰られたらすぐに冷蔵庫に入れましょう。

卵を保存する場所

冷蔵庫には卵をしまうための、卵ケースがついているものが多いです。これはよく冷蔵庫のドアポケットに用意されているものが多いですが、実はここではNGなんです。

理由は、ドアポケット付近は冷蔵庫の開閉による温度変化が激しいため、温度を10℃以下に保つことが難しいと考えられるからです。また、ドアを開け閉めする度に卵に振動が加わり、殻にヒビが入ってしまう可能性もあります。このため、卵はドアポケットではなく、温度変化や振動の少ない冷蔵庫の棚の奥に保存するのが最適です。
ただし、冷蔵庫の奥には冷気の吹き出し口がありますので、このそばに置くと凍ってしまう可能性もあります。この点をお気を付けください。

卵の保存方法

洗ってしまう?

卵を冷蔵庫に保存する時に、卵が汚れていると不衛生であるとの理由から、洗ってから冷蔵庫に保存する方もいらっしゃいます。ですが、これは逆に卵自身を細菌の感染にさらす可能性があります。

卵の殻には「気孔」という呼吸口が無数にあり、ここから酸素を取り込み呼吸をしています。卵を洗うことで、この呼吸口から水分とともに細菌がたまごの内部に入ってしまう恐れがあります。このため卵を保存する際に洗ってはいけないのです。汚れが気になる場合は、布巾でぬぐうなどにとどめておきましょう。

お料理に使う直前に洗うのは構いませんが、卵は常温で放置せずに冷蔵庫から出したらすぐに調理するようにしましょう。

尖った方が下?

購入した卵のパックを見ると、卵の尖った方が下になっていることが多いです。

この理由は2つあって、1つめは、卵は尖った部分の方が丸い方よりも殻の厚さがぶ厚くなっているからです。卵はだいたい尖った方から産み落とされるため、産卵時に割れない様に分厚くなっているようです。パック詰めの際にも、運搬時やスーパーからご家庭までの持ち帰りの時の割れを防ぐためにも、強度の強い方を下にして詰めているんですね。

2つめの理由は、卵の黄身を保護するためです。卵の丸い部分には「気室」という空気の部屋があって、丸い部分を上にして保管する事で、卵の卵黄が殻や外気に触れることなく、鮮度が保たれると言われています。

ちなみに、卵入れに入れ替えるよりも、パックのまま保存したほうが鮮度が長持ちします。パックのまま保存すれば、もともと尖った方が下になっていますので、手間もかかりませんよ。

おわりに

栄養価が高く、価格変動も少ないわたしたちとって最も身近な食材の一つである卵。わたしも毎日1つは必ず食べていますが、保存についてはあまり考えていませんでした。卵の保存にはきちんとした理解が必要なんですね。

必ず冷蔵庫で10℃以下で保存し、ドアポケットは避けて、冷蔵庫の奥にパックのままで保存するのが最適な保存方法です。

卵は生きていますので、割るまでと割った後では保存期間が大きく異なります。生食であれば賞味期限前であっても割ったらすぐ食べる、調理のさいも割ったらすぐ調理する、これらに気を付けて美味しいたまごを安全にいただきたいですね。