野菜は50度洗いで美味しくなる!野菜をシャキッとさせる方法

スポンサーリンク
食の雑学

スーパーなどで購入した野菜が元気になり、おいしさが引き出される方法として知られている「野菜の50度洗い」。50度のお湯とボウルがあれば誰でも簡単に行うことができるのも嬉しいところ。

ただし洗い方を間違うと、逆に風味を損ねたり食材をダメにしてしまうことも。50度洗いの方法と手順を知って、野菜をもっとおいしくいただきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

50度洗いとは

野菜には、気孔という水蒸気が出入りする穴があります。収穫された野菜は自分自身の水分の蒸発を抑えて身を守るために、表面にある気孔を閉じた状態になります

野菜を50度のお湯につけると、その気孔が瞬間的に開いて水分がぐんぐん吸収されます。50度洗いされた野菜たちは、吸収した水分によって鮮度を取り戻し生き生きするというわけです。

50度洗いすることで野菜に含まれる苦み、渋み、えぐ味などの原因となるアクが洗い流されます。余計な雑味が洗い流されるため、野菜本来の味を引き出すことができるのです。ほうれん草はアクが抜けて生でも食べられますし、根菜などは少し長めに洗うと、追熟されて甘みが増して本来の香りも蘇ります。

また水で洗うよりも汚れが綺麗に落ちるため、忙しいときの時短調理にも便利です。数時間干した野菜を50度のお湯につけると、驚きの速さでシャキッと戻ります。

 

50度洗いの手順

用意するものは、野菜と野菜が入るボウルとお湯だけです。50度洗いで使用するお湯は、43度~50度程度が適温です。

【手順】

  1. やかんにお湯を沸かし、ボウルにやかんのお湯と水道水を半分ずつ入れて50度に調整します。給湯器などで温度が設定できる場合は、50度のお湯をためると便利ですね。
  2. そこに野菜を浸してやさしくシャブシャブと洗います。50度は手を入れられるけど、熱く感じるくらい温度です。熱くて直接手で触れられない方は、ゴム手袋をつけて行うようにしましょう。
    お湯に浸している途中で温度が低くなってしまったときは、足し湯をしましょう

    注意点
    低い温度(40度以下)で行うと、雑菌を増殖させてしまうため注意が必要です。逆に温度が高すぎると火が通って茹でた状態になってしまいますので、最初のうちは温度計を使って調整すると良いです。料理用の温度計がひとつあると様々な場面で利用でき、便利ですよ。
  3. ボウルの中で洗ったあとは、しばらくお湯につけておきます。
    野菜の種類によってお湯に浸す時間は異なります。葉物野菜は1~2分くらい、スプラウト、ハーブなどの柔らかい野菜は20~30秒くらい、根菜類は1~3分、茎が太いブロッコリーやアスパラガスなどは2~3分が目安です。野菜のサイズや種類によっても変わってきます。何度か試して、最適な時間を調整してくださいね。
  4. 洗ったあとは、ザルに上げておきます。調理まで時間があるときは、粗熱がとれたら冷蔵庫に保存します。

野菜の50度洗いは、果物や冷凍の肉・魚、きのこ類などにも応用することができます。温度に十分注意しながら行えば日持ちも良くなり、無駄なく食材を使い切ることができます。

まとめ

50度洗いの方法

  1. 50度のお湯で洗い、野菜をつけておく
  2. つける時間は野菜ごとに変える
    葉物などは1~2分
    根菜は1~3分
    茎の太いものは2~3分(ブロッコリー、アスパラなど)
  3. 洗った後はザルに上げ、よく水気を切る

 

50度洗いのメリット

  • 野菜が収穫時のようにシャキッとし、美味しくなる
  • 綺麗に洗えて、アクも抜けるので時短にもなる
  • 保存性が高まる

 

野菜を50度洗いすると、いいことがいっぱいあります。野菜のアクも抜けるので、アク抜きの下ごしらえも不要になって時短にもなります。こんにゃくもアクが抜けて下処理要らずでそのまま使えますよ。

注意してほしいのが、あまり温度を高くしてしまうとしんなりしてしまい、低すぎると雑菌が繁殖することがあるということ。43度~50度の範囲を守ってその野菜に適した時間で洗えば、とりたての野菜のような味を堪能することができます。

まだ試したことがない方は、ぜひ一度挑戦してみてください。