レンジで1分!時短でできる「半熟卵」の作り方

スポンサーリンク
食の雑学

1個だけ半熟卵を作りたいってとき、お鍋を使うのはちょっと面倒。そんなときに助けてくれるのが、時短アイテムの電子レンジです。電子レンジで卵というと、「爆発しちゃうんじゃない?」って思いがちですが、ポイントさえ守れば、だれでも簡単にあっという間に半熟卵ができてしまうんです。

今回は、電子レンジを使った半熟卵の作り方をご紹介します。600Wで1分温めるだけ!本当に簡単にできあがりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レンジで簡単に半熟卵ができる!?

とろっととろける黄身がたまらない半熟卵ですが、お湯を沸かして作るのはちょっと面倒ですよね。お料理のトッピングに使うことの多い半熟卵ですが、お鍋とコンロをふさいでしまってはメイン料理がはかどりませんしねぇ。

そこで今回は、レンジを使って手軽に半熟卵を作る方法をご紹介します。お湯を沸かす手間もなく、コンロがふさがっていても関係ありませんよ。600Wのレンジで1分温めるだけなので、大幅に時短もできますね。
失敗しないコツや、半熟卵と同じく便利に使える温泉卵の作り方も合わせてご紹介していきます。

半熟卵の作り方

半熟卵というと、白身が固まっていて黄身がトロッと程よい固さなのがポイントですよね。めんつゆをかけてそのまま食べる他にも、潰してタルタルソースやサンドイッチの具材などにも使えます。一度コツさえつかめば失敗もなく、年中出番のあるレシピになることと思います。

半熟卵の作り方(1個分)

【準備するもの】

  • 卵…1個
  • 水…卵が隠れるくらい
  • 耐熱性の小ぶりのうつわ…1個

【作り方】

  1. 少し水を入れたうつわの中に卵を割り入れ、そこに卵がかくれるくらいの水を注ぎます。(はじめの水はうつわに卵がくっつかないように入れています)
  2. 竹串を使って黄身の表面に数か所穴をあけ、ラップはせずに電子レンジに入れ、加熱します。
    (竹串で穴をあけたくらいでは、黄身はくずれませんので大丈夫ですよ。)

    目安時間

    500Wなら1分10秒
    600Wなら1分
    700Wなら50秒

    といったところです。

  3.  お湯が冷めるまで少し待ち、スプーンを使ってそっと取り出して完成です。
    黄身がとろっとしていて白身が固まった半熟卵の出来上がりです。

調理のポイント・注意点

レンジで卵を温めると、爆発してしまうことがあります。それを防ぐためのポイントは2つ

1つめは、卵の黄身に穴をあけておくこと。穴は5か所くらいあけておくといいですよ。
2つめが、卵が水から出ていないこと。小さめのマグカップや湯飲みなどを使って、卵がしっかり隠れるようにしてくださいね。

また、加熱時間も重要です加熱しすぎると爆発しないまでも、黄身がボソボソになって食感が悪くなってしまいます。まずは目安時間を参考に、卵がゆるいと思ったら5秒ずつくらい様子を見ながら加熱してくださいね。

半熟卵をいくつも作りたい場合は、卵の分だけ同じ手順を繰り返しましょう。一度にたくさん作ると、どうしても加熱ムラが出てしまい上手くいきません。
 

温泉卵の場合は?

黄身がトロッと固まっていて、白身が半熟の温泉卵を作る場合は、半熟卵と同じ手順のままで、半熟卵よりも加熱時間を短くするだけでできちゃいます。

目安時間10秒ずつ短くしましょう。

500W1分
600W50秒
700W40秒

レンジの機種によってできあがりに差が出る場合もありますので、短めの加熱時間から程よい加減を試してみてくださいね。余熱で火が通りますので、すぐ食べない場合はゆるめが良いですよ。

おわりに

ラーメンやどんぶり物、カレーにタコライス、色々なお料理のトッピングに便利に使えて何かと出番の多い半熟卵。これがあるとなしでは、見た目に大きな差がでます。

半熟卵は美味しく作ったお料理を、見た目にも栄養的にもさらにワンランクアップしてくれる、そんな縁の下の力持ち的な存在ですね。

ぜひレンジで作る半熟卵の簡単レシピを活用して、お料理により一層の彩りを添えていただきたいです。