トマト麹を活用!切って煮るだけの「レバーのトマト麹煮」は美容やダイエットにいい!

トマト麹を活用!切って煮るだけの「レバーのトマト麹煮」は美容やダイエットにいい!発酵食

先日作った「トマト麹」、早く料理に活用したいと思っていました。

今日は鶏レバーがお値打ちに買えたので、いつもはおしょうゆを使って煮るところをトマト麹を味付けに使ってみました。
レバーがやわらかくて、なかなか美味しくできたのでうれしくなりましたよ。

そこで今回は、トマト麹を使った鶏レバーのトマト麹煮のレシピをご紹介します。

鶏レバーというと、下処理が面倒なように思いがちですが、
50℃洗いで臭みを取ってあとは煮るだけです。
下処理の方法も詳しくご説明しています。

いがいと簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

鶏レバーのトマト麹煮のレシピ

【材料】

鶏レバー・・・400g
しょうがスライス・・・4枚
 チューブなら6cmくらい
〇 砂糖・・・小さじ2
〇 酒・・・大さじ2
〇 トマト麹・・・大さじ1~
〇 しょうゆ・・・小さじ2
〇 ブラックペッパー・・・たっぷり
〇 ドライオレガノ・・・たっぷり

【作り方】

  1. しょうがをスライスし、〇の調味料と合わせて鍋に入れ、煮たてて火を止めます。
  2. 鶏レバーをさばき、50℃のお湯で洗います。
  3. 水気を切って、1の鍋に入れ、中火で煮ます。
  4. 時々かき混ぜながら火をとおし、汁気がなくなったら完成です。

トマト麹の作り方は、こちらの記事でご紹介しています。

トマト塩麹の作り方|ヨーグルティアなら簡単に万能旨み調味料ができる!
「糖質高めなケチャップの代用になるものが何かないか」「米麹を使ってトマト塩麹を作れば、トマトケチャップのかわりになるかな?」と考えてトマト塩麹を作ってみることにしました。 今回は、ヨーグルティアを使って、時短で作るトマト塩麹の作り方をご紹介します。

50度洗いの方法については、こちらの記事でご紹介しています。

野菜は50度洗いで美味しくなる!野菜をシャキッとさせる方法
スーパーなどで購入した野菜が元気になり、おいしさが引き出される方法として知られている「野菜の50度洗い」。 ただ洗い方を間違うと、逆に風味を損ねたり食材をダメにしてしまうことも。50度洗いの方法と手順を知って、野菜をもっとおいしくいただきましょう。

写真をもとに、詳しくご説明します。

Step1:しょうがをスライスし、〇の調味料と合わせて鍋に入れ、煮たてて火を止めます。

ブラックペッパーとオレガノはお好みで。臭み消しと風味付けに入れます。
お好きなハーブやスパイスで、いろんな風味を楽しみましょう。

Step2:鶏レバーをさばき、50℃のお湯で洗います。

まずは、レバーをハツ(心臓)とやわらかいレバーの部分に切りわけます。

レバーの部分は、食べやすい大きさに切り分けます。

ハツには脂が付いていますので、包丁でこそげてから切り落とします。

ハツをたて半分に切り、血の塊を取り除きます。

レバーを切り終えたら、ボウルに50℃のお湯をためて、レバーを入れます。
お湯の温度が下がるので、50℃を保つように給湯器のお湯を入れるか、
熱湯を足しましょう。

菜箸でグルグル回しながら洗い、お湯を2~3度取り替えます。
濁っていたお湯が透き通ったら、洗い上がりです。

Step3:水気を切って、1の鍋に入れ、中火で煮ます。

Step4:時々かき混ぜながら火をとおし、汁気がなくなったら完成です。

麹は焦げ付きやすいので、水分が少なくなってきたら、よくかき混ぜます。

完成です。

スポンサーリンク

食べてみます

トマト麹のおかげか、レバーがつやつやに仕上がりました。

美容やダイエットにいい!切って煮るだけ「レバーのトマト麹煮」

トマトの酸味は感じず、まろやかでコクのあるお味に仕上がりました。
ちょっと濃いめの味付けなので、お酒のおつまみとしても、白いごはんにも合います。

今回は、トマト麹を調味料として使いましたが、レバーをトマト麹にひと晩漬けてから煮ると、麹の効果でより美味しくなりそうです。

鶏レバーは、豚や牛のレバーに比べると、クセがなく食べやすい食材です。

女性に嬉しい葉酸、ビタミンB1、ビオチンを豊富に含み、100g当たりのカロリーが111kcalと低カロリーです。

栄養価が高くてカロリーは低め、さらに美容にいいのが女性にとっては本当に嬉しいですね。

ダイエット中のおつまみにもぜひいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました