材料はたった3つ!簡単だけど濃厚なチョコブラウニーの作り方。

お菓子

バレンタインというと、生チョコやトリュフなどのチョコレートが定番ですが、チョコレートをたっぷり使った、ブラウニーはいかがでしょうか。

材料が3つでできるので、短時間ででき上りますし、手間も最小限。生チョコのように冷蔵保存の必要もないので、バレンタインだけじゃなく、いつでも作れるお菓子です。

今回は、材料が3つでできる、ほんとうに簡単だけどチョコたっぷり、濃厚なブラウニーの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

濃厚チョコブラウニーの作り方

【用意するもの(パウンド型1個分)】
板チョコレート・・・3枚(180~200gくらい)
卵・・・3個
豆乳・・・25ml
パウンド型
クッキングシート(ない場合はバターでも)
泡だて器
製菓用のヘラ(あると便利です)

【作り方】

  1. パウンド型にクッキングシートを敷いておきます。
    卵を卵黄と卵白に分けておきます。
  2. 耐熱容器に板チョコレートを割り入れ、豆乳も加えて600Wの電子レンジで1分温めます。
  3. チョコレートが溶けたら混ぜ、卵黄3つも入れてよく混ぜます。
  4. 卵白を、角が立つまで泡立てます。
  5. 卵白を1/3ずつ、3回に分けて、チョコレートに加えます。
    1回目:よく混ぜあわせます。
    2、3回目:切るように混ぜます。
  6. パウンド型に流し入れ、170度に余熱したオーブンで30分ほど焼きます。
    竹串を刺して、何も付いてこなければ焼き上がりです。
  7. 型からはずしてケーキクーラーなどにのせて冷まし、荒熱がとれたらできあがり。

まずは材料のご紹介です。左から板チョコレート、卵、豆乳です。

板チョコレートは、業務スーパーで購入したベルギー産のビターチョコレートです。1枚で100g、2枚使って200gになりました。通常の板チョコは60g前後なので、お得でしかも大人な甘さで美味しいです。

このチョコレートはミルクチョコレートもあります。こちらも美味しいです。

卵はMSサイズ。豆乳は無調整です。牛乳でもできますよ。

では、さっそく作っていきます。

Step1:パウンド型にクッキングシートを敷いておきます。卵を卵黄と卵白に分けておきます。

はじめにパウンド型にクッキングシートを敷いておきます。クッキングシートをセットしておくと、型にくっつくことがありません。カット済のものも売られてますが、私は手づくりしています。

パウンド型以外に、15cmや18cmの丸型でも焼けます。丸型にすると、ガトーショコラ風になります。

クッキングシートがなくても、バターを薄くぬっても同じようにくっつきを防げます。

次に、卵を卵黄と卵白に分けます。卵白はあとで泡立てます。

卵を2つに割って、白身をボウルに落としながら、黄身を反対側の卵の殻に移します。何回か繰り返すと、黄身だけが残ります。

Step2:耐熱容器に板チョコレートを割り入れ、豆乳も加えて600Wの電子レンジで1分温めます。

 

あまぐり
あまぐり

電子レンジがない場合は、湯せんであたためることもできますよ。

湯せんのしかた
50~55℃くらいのちょっと熱いかなくらいの温度のお湯に、チョコレートの入ったボウルを漬けます。チョコレートが溶け始めたら、底から混ぜて全体が溶けるのを待ちましょう。このとき、ボウルに湯気や水分が入らないように気をつけてくださいね。

Step3:チョコレートが溶けたら混ぜ、卵黄3つも入れてよく混ぜます。

見た目でチョコレートの形が残っていても、混ぜると溶けますので大丈夫。

卵黄を加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせます。

ここは、しっかり混ぜましょう。

Step4:卵白を、角が立つまで泡立てます。

このくらい、しっかり混ぜてくださいね。

ハンドミキサーがない場合は、泡立て器を使って手で混ぜてください。

泡だて器でも時短!メレンゲの作り方
卵白を金属製のボウルに入れて、冷凍庫で10分ほどおき、ふちがジャリジャリと固まってきたらそのまま泡立て器で泡立てます。
卵白は冷たい方がはやくメレンゲになります。ハンドミキサーを使う時も、冷やして置いたり凍らせると、より時短になりますよ。
ただし完全に凍ってしまうと、解凍しないと泡立てられませんので気をつけて。

Step5:卵白を1/3ずつ、3回に分けて、チョコレートに加えます。

1回目:よく混ぜあわせます。

チョコレートに1/3の分量の卵白を加え、よく混ぜ合わせます。

2、3回目:切るように混ぜます。

卵白を加えたら、ヘラでさっくりと切るように混ぜます。

Step6:パウンド型に流し入れ、170度に余熱したオーブンで30分ほど焼きます。

竹串を刺して、何も付いてこなければ焼き上がりです。

Step7:型からはずしてケーキクーラーなどにのせて冷まし、荒熱がとれたらできあがり。

つやつやに焼きあがりました。

上に粉砂糖をふりかけると、オシャレになります。今回は、表面のつやつやを楽しみます。

さっそく、試食してみましょう。

焼いているあいだも、冷ましているときも、濃厚なチョコの香りが鼻をくすぐっていました。はやく食べたいですね。

香りをかぐと、かぐわしいチョコの匂いが充満します。たまりませんね。
匂いをかぐだけで、もう幸せ。

フォークを入れると、表面はちょっと硬く、中はしっとり。
程よい甘さで、美味しいブラウニーです。ふた切れでお腹がいっぱいになりましたよ。

甘いのがお好みなら、ミルクチョコレートを使うといいですね。ビターチョコレートとミルクチョコレートのMIXにしても、美味しいですよ。

スポンサーリンク

保存方法と保存期間

常温で2日ほど、冷蔵でも4日ほどが美味しく食べられる期間です。いずれも乾燥しないようにしっかりラップで包んでから、保存します。

長く保存するなら冷凍がおススメ

常温や冷蔵では、数日で美味しさがなくなってしまうブラウニーですが、冷凍すれば長期保存できます。余ったときや作り置きなどなら、冷凍しておくといつでもブラウニーが食べられます。食後のデザートに、サッとだせていいですよ。

保存方法は、ラップで小分けにし、フリーザーバックなどに入れて冷凍します。1ケ月ほど保存できます。

食べる時は、常温か冷蔵庫で解凍してください。解凍したあとは、2日ほどしか日持ちしませんので、食べるぶんだけ、解凍するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、材料が3つでできる、濃厚なブラウニーの作り方をご紹介しました。

以前はバレンタインに、生チョコやトリュフを作っていたのですが、生チョコレートは溶けやすいので、持ち運びには不向きなんですよね。

誰かにプレゼントしても、持って帰るまでに溶けてしまうことがあって、そこが悩みどころでした。冬場の暖房は強力ですから。暖房の近くに置くと、チョコレートは溶けだしてしまいます。

そこでブラウニーのようなケーキなら、常温保存しても溶ける心配はないなぁと思って、これを作るようになりました。

材料が3つでできるので、材料の準備や手間も少なく、できあがりは上々。お砂糖も使っていないので、チョコレートをビターにすると、カロリーも少なくできます。

ヘルシーで美味しいブラウニーは、バレンタインだけじゃなく、普段から作って食べたいお菓子ですよね。

タイトルとURLをコピーしました