疲れを取ってダイエットにもなる「酢もやし」を作って常備菜に。

スポンサーリンク
もやし

もやしは、安くていつでも安定して買うことができる、優れもの野菜です。他の野菜には旬がありますが、もやしは野菜工場でしっかり管理されて栽培されているため、一年中が旬ともいえますね。

そんなもやしを使って、簡単に作りおきできる「酢もやし」は、常備菜におすすめです。お酢の防腐効果で保存も効き、クセのないもやしとさっぱりした甘酢は、どんなアレンジも自由自在です。そのうえ、もやしとお酢の疲労回復効果がダブルで期待できるので、ダイエット中でも、疲れた時の夜食にはもってこいですよ。

今回は、疲れた体を労わる「酢もやし」の作り方と保存期間、そして効果的な食べ方についてご紹介します。最後に簡単アレンジ術もご紹介しますので、酢もやしを作ったら、こちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

酢もやしの作り方

安い材料で手軽に作れる酢もやしには、疲れを取り除き、体を健康にしてくれる栄養素がたくさん含まれています。たんぱくな味のもやしは、和洋中、どんな味付けにも合い、アレンジもいろいろできるので、あきることがありません。

基本の酢もやしは、もやしをサッと湯通しして調味料と和えるだけです。作り方をご紹介しますので、ぜひ作ってみてください。

【用意するもの】
 〇もやし…250g
 〇酢…大さじ2
 〇砂糖…大さじ1と1/2
 〇塩…ひとつまみ

【手順】

  1. もやしをサッと洗います。
  2. フライパンに、もやしが浸るくらいの水と塩を入れ、強火にかけます。
  3. 沸騰したら火をとめて、70度~60度くらいまで冷まします。
  4. フライパンにもやしをいれて、1分おきます。
  5. もやしをザルにあげて、水気をよく切ります。
  6. 酢と砂糖を加えて、軽く混ぜ合わせます。
  7. 冷蔵庫で半日ほどおいて、完成です。

 


写真をもとに、詳しくご説明します。

Step1:もやしをサッと洗います。

豆の皮や千切れたヒゲ根は、取り除いておきます。

私はいつもそのままですが、ヒゲ根は食感が悪いので、気になる方は少し手間がかかりますが、取り除きましょう。
お店によっては、ヒゲ根を機械で切り落とした「根切りもやし」も販売されています。時間がない場合は、こちらを使ってもいいですね。

Step2:フライパンに、もやしが浸るくらいの水と塩を入れ、強火にかけます。

Step3:沸騰したら火をとめて、60~70℃くらいまで冷まします。

気温やお湯の量によって違ってきますが、今回は火をとめてから2分ほどで、70℃を下回りました。

Step4:フライパンにもやしをいれて、1分おきます。

お湯にさらす時間は、1分を守ってください。長くさらしてしまうと、もやしの栄養がお湯に溶けだしてしまいます。

電子レンジでもOK
もやしを耐熱皿にのせてラップをかけて、600Wの電子レンジで1分加熱しても、同じように茹でられます。

Step5:もやしをザルにあげて、水気をよく切ります。

ここではもやしを絞ることはしません。ザルにあげたあとは、麺類の湯切りをするようにザルを10回くらい振り、水気を切ります。

Step6:酢と砂糖を加えて、軽く混ぜ合わせます。

Step7:冷蔵庫で半日ほどおいて、完成です。

保存しておく場合は、密閉できるタッパーなどを、きちんと消毒してから使うようにしましょう。しっかり消毒しておくと、保存性が高まり、保存期間が長くなります。

消毒はタッパーに熱湯をかけるか、容器の底がかくれるくらいの水を入れたら、蓋を少しずらしてのせて、600Wの電子レンジで1分30秒加熱します。お水が沸騰していたらOKです。残ったお湯は捨ててください。
キッチン用のアルコール除菌スプレーを使っても、消毒することができます。

酢もやしの保存はどれくらい?

生のもやしは、冷蔵庫に入れても賞味期限は2~3日と短いです。

ですが、防腐効果の高いお酢で漬けて「酢もやし」にすると、1週間は美味しく食べられます。2~3袋ぶんまとめて作り置きしておけば、手間が省けて毎日の食事の支度に大助かり。

ただし、もともと日持ちのしないもやしを使っているので、保存状態によっては傷みが早くなることも。食べるときは、味と臭いを必ずチェックして、傷んでいないかを確認して下さいね。

酢もやしの食べ方

酢もやしは基本、食べたければどれだけ食べても構いません。ただし、お酢を使っているので、「酸っぱいものが苦手」という方には、食べにくいかも知れません。そんな時は、お砂糖をもう少し追加してみてもいいです。ですが今回ご紹介したレシピは、もともと甘めにできています。お砂糖を加えると糖質がアップしますので、ダイエット目的の方には危険です。加えるのならほどほどに。

「健康やダイエットのために酢もやしを食べる」、そんな時は、次にお伝えする分量は食べるようにしましょう。

酢もやしを食べる量】

 〇1日に80gを目安に食べます。
 〇80gは一度でも、複数回に分けて食べても構いません。
 〇毎日、摂るようにします。

 

【酢もやしを食べるタイミング】

 〇食事のはじめに食べましょう。
 〇ダイエット目的なら、食事の30分前に摂ります。

食事の30分前か、はじめに食べることで、満腹中枢を刺激し、食べたものが脂肪として蓄積するのを防ぐことができます。

 〇一番効果的なのは、主食と置き換えること。

スープやおかずを腹8分目まで食べたあと、最後に主食のかわりに酢もやしを食べることで、食べ過ぎを防いでダイエット効果がアップします。この場合も、食事の30分前か初めに、酢もやしを食べておくのを忘れないでくださいね。
 
もうひとつ、酢もやしを食べる時に、漬け汁のお酢も一緒に食べると、お酢の疲労回復効果も期待できます。

簡単アレンジ

酢もやしは甘酢の味で、食べやすくはなっていますが、味に変化がないとやっぱり続かないものです。そこで、家にあるものでできる、簡単アレンジをご紹介します。これ以外にも、お好きな調味料でアレンジしてみてくださいね。

ごま和えーごまの風味が豊かに香ります。

酢もやし100gに対して、すりごま大さじ2としょうゆ小さじ2、砂糖小さじ1を混ぜ合わせます。

すりごまは、使うたびにいりごまを擦ると、風味が格段に違います。すり鉢は100円ショップにも置いていますので、ぜひやってみてください。

ゆかり和えーみんな大好きゆかり和えは、爽やかな風味と彩りが食欲をそそります

酢もやし120gに対して、酢もやしの漬け汁大さじ1と梅入りのゆかり小さじ2を混ぜ合わせます。ひと晩置くと、全体にゆかりの紫色が染み込み、色鮮やかなナムルに。おすすめです

青のり和えーミネラルをプラスして、骨まで元気!

酢もやし60gに対して、青のりとサラダ油を大さじ1ずつ、しょうがのチューブを小さじ1と塩小さじ1/4を混ぜるだけ。アミエビや桜エビをトッピングすると、カルシウムがアップし可愛い見た目に。

ラー油和えーピリ辛が大人に◎

酢もやし60gに対して、白ごま小さじ1とラー油少々を混ぜるだけ。食べるラー油に替えると、具だくさんで旨みもアップします。

おわりに

今回は酢もやしの作り方、保存期間についてご紹介しました。

生のままのもやしは日持ちが悪く、そのまま野菜室に入れていると、すぐに水分が出てきてべちゃっとしてきます。

もやしを「酢もやし」にしておくと、1週間は保存が可能です。そのまま食べるのはもちろん、ごま和えにしてみたり、青のりやゆかりを混ぜて、彩りをプラスしたり。アイデア次第で、いろいろ楽しむことができます。

美味しいだけでなく、健康効果もバッチリ! お酢のパワーで疲れを取って、元気に毎日を送りましょう。