干ししいたけの保存方法はどうする?開封後や戻した後の日持ちは?

干ししいたけの保存方法はどうする?開封後や戻した後の日持ちは?その他

干ししいたけは保存食なので便利に使え
キッチンに常備されているお宅も多いかと思います。

長く置いておくことの多い干ししいたけは
どう保存すると美味しさを保てるのか
ご存知ですか?

干ししいたけの開封後の保存方法は?
戻した干ししいたけの保存や日持ちは?

そんなギモンにお答えします!

スポンサーリンク

干ししいたけの保存方法

しいたけの画像

干ししいたけは乾しいたけ(ほししいたけ)、乾燥しいたけとも呼ばれるしいたけを乾燥させた乾物です。

そもそも干ししいたけは保存食として作られたもの。あれば何かと役に立つ、キッチンに常備しておきたい食材のひとつです。

そのままキッチンに置いているというかたもいるかと思いますが、干ししいたけを美味しく保存するならもう少しだけ手をかけてみませんか?

干ししいたけの開封前は常温保存が可能

開封前の干ししいたけは真空パックになっているため、常温保存ができます。 未開封なら袋のままで直射日光を避けて冷暗所に置いておきましょう。
置き場所は湿気の多いシンク下ではなく、戸棚の上部あたりが適しています。

未開封の干ししいたけは基本的には常温保存で良いのですが、梅雨の時期や真夏など、特に高温多湿になりやすい季節には冷蔵庫での保存に切り替えておくのもおすすめです。

干ししいたけの開封後は?

干ししいたけ

干ししいたけは真空パックでしっかり乾燥された状態で包装されているので、開封したとたんに回りの湿気を吸ってしまいます。保存の際は気をつけないと早くに劣化して味を落したりカビが生えてしまうことも考えられるんです。

開封後は常温と冷蔵を使い分けよう

短期間なら常温保存

干ししいたけの保存

干ししいたけの開封後は、すぐに使うのであれば開封前と同じ場所で常温保存ができます。
その場合は買ってきた袋のままで輪ゴムで口を閉じるといった方法はおすすめできません。

開封した干ししいたけは空気に触れて酸化しやすいため、すぐに密閉できるジップロックや保存容器に移して空気を抜き、直射日光を避けて湿気の少ない冷暗所に置いておきましょう。湿気を避けるためには乾燥材を一緒に入れるとより効果がアップしますよ。

長く保存するなら冷蔵か冷凍

干ししいたけを長く保存する予定なら、冷蔵した方が鮮度を保てます。上記の方法で密封容器に移したら冷蔵庫で保存しておきましょう。

戻した干ししいたけの保存は?

干ししいたけを水で戻す

水で戻した干ししいたけは、冷凍保存することもできます。戻し汁は一緒に使わないこともあると思いますので、干ししいたけと戻し汁は別にして保存しておく方が使いやすいですよ。

水気を切ったしいたけを2~3枚ずつラップで包んだら、ジップロックなどの保存袋に平らに入れて冷凍します。使う時は冷凍庫から取り出したあと数分置いておけば、包丁が入る程度に解凍できます。お好きな形に切ってから調理に使ってくださいね。

干ししいたけの戻し汁も美味しい出汁として煮物や汁物に使えます。捨てるなんてもったいないことはしないで、ぜひお料理に活用してくださいね。こちらも冷凍できますので、干ししいたけとは別にして冷凍しておきましょう。

ジップロックなどの保存袋に薄めに入れて平らにして凍らせるか、製氷皿に入れて凍らせてから袋に移しておくと小分けに使えて便利ですよ。

干ししいたけが湿気ってしまったら?

干ししいたけを天日干し

開封した干し椎茸を湿気にさらしてしまったときは、そのまま保存せずに一度天日干ししてみましょう。日のあたるベランダや窓辺にザルに広げて置いておくだけでOKです。
湿気が取れるだけでなくビタミンDを増やす効果も期待できるうえに、うまみ成分もアップするといいことずくめなんですよ。

特にスーパーなどで売られている干ししいたけには、天日干しではなく機械で乾燥させているものも多いので、天日干ししたものに比べると旨みが少なめになっているんです。そんな干ししいたけも使う前に2~3時間天日干しするだけで、味も栄養価もアップして高級干ししいたけのように!

ひとつ注意して欲しいのは、しいたけを干した後は十分冷ましてから保存容器に入れるようにしてくださいね。天日に干した際の熱が残ったままで干ししいたけを容器に移してしまうと、結露が発生してカビを生やす原因になってしまうためです。

スポンサーリンク

干ししいたけの賞味期限は何日?開封後や戻した後の日持ちは?

干ししいたけの賞味期限

干ししいたけの賞味期限は一般的に1年程となっているものが多いです。真空パックされてしっかり乾燥されているので、常温でも長期保存が可能なんですね。

未開封の干ししいたけの賞味期限は1年ほどありますが、袋を開封した後はこの賞味期限はあてにはなりません。袋に記載されている賞味期限は、未開封でメーカー推奨の保存方法を守っている場合にのみ有効となるものだからです。

開封後の干ししいたけの日持ち

干ししいたけを開封した後の保存期間の目安は1ヶ月程です。

賞味期限は『おいしく食べられる期限』なのでこれを過ぎていても食べられますが、美味しさは確実に落ちてゆきます。干ししいたけの場合は風味や食感が落ちてしまいます。

なるべくなら冷蔵庫で保管し、早めに使いましょう。

水戻しした干ししいたけの日持ちは?

水戻しした干ししいたけは、水気を切った状態で冷蔵だと1週間ほど、冷凍で1ヶ月ほどを目安に使ってください。
戻し汁の場合は冷蔵だと短く2~3日冷凍で1ヶ月ほどを目安に。

いずれも時間がたつと味は劣化しますので、美味しいうちに使ってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 干ししいたけは未開封なら1年ほど日の当たらない冷暗所で常温保存できる
  • 干ししいたけの開封後は、密封して日の当たらない冷暗所で保存すること
  • 開封後は冷蔵庫での保存が望ましい
  • 水戻しした干ししいたけは、冷蔵だと1週間・冷凍しておくと1ヶ月日持ちして便利
  • 戻し汁も冷凍すれば1ヶ月日持ちして料理に使える

干ししいたけは戻すのに時間がかかるので、一度にたくさん戻して冷凍しておくと何かと便利に使えます。そのときには少し手をかけて事前に天日干ししておけば、栄養も旨みもアップするのでぜひお試しくださいね!

タイトルとURLをコピーしました