「煮小豆」は圧力鍋が断然おすすめ。厳選活用レシピを3つご紹介。

スポンサーリンク
豆類

あずきって、なんとなく特別な感じがしませんか。お祝い事や記念日、もしくは和菓子で食べるものとして、普段のお料理にはあまり登場しませんよね。

ですが、あずきの小さな粒には、たっぷりの栄養がバランスよく含まれています。食べないなんてもったいない。

あずきを食べるには、まずは「煮小豆(ゆであずき)」にしておく必要があります。市販の煮小豆もありますが、家で簡単に手づくりすることもできます。煮小豆を作っておけば、そのままお料理に使うのはもちろん、砂糖で甘く煮てぜんざいやおしるこ、あんこなどにもできますし、ご飯と一緒に炊いてお赤飯にすることもできます。

今回は、あずきの炊き方をご紹介します。お鍋でコトコト煮るか、圧力鍋で時短でつくるか。方法はお好みで選んでいただけます。あわせて煮小豆の保存方法や、煮小豆を使った簡単レシピもご紹介しますので、こうご期待。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あずきのゆで方

乾燥あずきを買ってきて、家でゆでれば、自分好みにおいしく仕上げることができます。

あずきは、他の豆のように調理の前にひと晩水につけなくてもいいので、思い立ったらすぐゆでられるのが良いところなんですよね。

ぜひ一度やってみてくださいね。

お鍋でつくるあずきのゆで方

あずきをゆでるのは、「あずきをとぐ→(お好みで渋切り)→あずきをゆでる」の手順で、簡単に行えます。

あずきをとぐ

  • あずきを水洗いし、さっととぎます。水がきれいにるまで繰り返し、ザルにあげて、水気をきっておきます。
  • 渋みが気になる場合は、渋切りをします。

【渋切りの手順】

  1. 鍋にたっぷりの水とあずきを入れて火にかけ、沸騰したらゆで汁を捨てます。
  2. 1を1~3回、繰り返します。
最近のあずきは、渋み(えぐみ)が少なくなったと言われていますが、豆が古くなると、渋みが強くなります。そんなときは、渋切り(ゆでこぼし)をすることで、渋みをあずきから抜くことができます。
ただし、小豆のアンチエイジングに有効なポリフェノールやサポニンは、水溶性のためゆで汁に流れ出てしまいます。
そのため、渋切りは渋みが気になる場合にだけ行ってください。

あずきをゆでる

  • 鍋にたっぷりの水とあずきを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして、1時間ほどあずきをゆでます。
  • 途中でアクをていねいにとり、水が少なくなったらさし水をして、あずきがやわらかくなるまで煮ます。
  • ザルにあげて、煮汁を切ります。
    ※小豆はゆで汁ごと保存してください。ゆで汁もお赤飯などのお料理に利用できますよ。

圧力鍋でつくる、簡単「煮小豆」

お鍋でコトコト、じっくりとアクをとりながらあずきを煮る。とってもほっこりするイメージが、わいてきますよね。ですが、じっさいにやってみると、手間と時間がとってもかかるんです。あずきは浸水する必要がないため、簡単に茹でられるイメージがあったんですが...わたし、1時間はかけていられません。

お鍋であずきをゆでると、1時間もかかるんですが、圧力鍋だともっとずっと短時間でできあがります。いちどくらいはお鍋でコトコトするのもいいものですが、ひんぱんにゆであずきを食べるという方には、圧力鍋でつくることをおススメします。

圧力鍋を使ったあずきの煮方

水に浸す必要はありません。短時間でも、ふっくらとした仕上がりになります。

【材料】

小豆(乾燥)・・・1カップ
水・・・3カップ(600cc)

  1. 小豆はきれいに洗い、水気を切っておきます。(渋みが気になる場合はゆでこぼしておきます)。
  2. 圧力鍋に洗った小豆、水(3カップ)を入れて、蓋を閉めます。
  3. 強火にかけ、圧力がかかったら、火を弱めて10加圧します。
  4. 10分たったら火をとめ、自然冷却します。
    ※小豆はゆで汁ごと保存してください。ゆで汁もお赤飯などのお料理に利用できますよ。

ゆであずきの保存方法

ゆでたあずきは、甘みも塩分も加えていないので、冷蔵ではあまり日持ちがしません。2~3日のうちに、食べきりましょう。

長く保存したい場合は、冷凍保存がおすすめです。冷凍用の保存袋に、小分けにして冷凍します。煮汁は切っても、一緒に入れてもかまいません。冷凍の場合は、2~3週間保存ができます。

あずきを使ったアンチエイジングレシピ

栄養素が溶け出した煮汁ごといただける、アンチエイジング向きの簡単レシピをご紹介します。

圧力鍋でつくるお赤飯

圧力鍋をつかうと、食べたいときにすぐに作れます。煮汁を使って炊くお赤飯は、小豆のもつ「パワー」を、余すことなく摂取できます。

圧力鍋で簡単に「お赤飯」を炊く。お赤飯アレンジレシピ厳選3品。
お祝い事や記念日など、ハレの日のごちそうとして、私たちの食卓になくてはならないお赤飯。 でもお赤飯というと、作るのはなんとなく面倒そうで「買ってくるもの」と考えている方も多いのではないでしょうか...

圧力鍋でつくる、さつまいものいとこ煮

さつまいもと小豆のふっくらとした食感と、やさしい甘さや風味を味わえます。

【材料】
さつまいも・・・中2本
煮小豆・・・1/2Cup
あずきのゆで汁・・・1Cup(200ml)
はちみつ・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1/2
塩・・・小さじ1/2

  1. さつまいもは幅3cmの輪切りにし、水をつけてアクを抜きます。
  2. 圧力鍋に1のさつまいもと、材料を全て入れ、蓋を閉めます。
  3. 火にかけ、圧力がかかったら、すぐに火を止めて余熱調理します(自然冷却)。
  4. 蓋を開け、器に盛り付けます。

キーマカレー

カレーにあずき。合わないでしょって? もちろん合います。おしょうゆを入れることで、ぐっと和風テイストな仕上がりになります。

【材料】(2人分)
しょうが・・・1かけ
にんにく・・・1かけ
オリーブ油・・・大さじ1
カレー粉・・・大さじ1
薄力粉・・・大さじ1
豚ミンチ・・・100g
トマトホール缶・・・200g
ゆであずき・・・60g
あずきのゆで汁・・・1/2Cup(100ml)
◎ コンソメ・・・大さじ1/2
◎ しょうゆ・・・大さじ1/2
◎ ケチャップ・・・大さじ1/2

  1. しょうがとにんにくはみじん切りにしておきます。
  2. フライパンに中火でオリーブ油を熱し、1を入れます。
  3. 香りがたったら、カレー粉と小麦粉を入れて木べらでよく混ぜます。
  4. ミンチを加え、ほぐしながら炒めます。
  5. ホールトマトを加えて軽くつぶし、あずきとゆで汁を加えます。
  6. 煮立ったら◎の調味料を加えて、弱火で10分ほど煮、トロッとしたら完成です。

ここでご紹介したレシピのほかにも、お味噌汁やスープに加えたり、サラダのトッピングや、炒め物に入れても美味しくいただけます。

おわりに

今回は、ゆであずきの作り方と、ゆで汁を使ったレシピをご紹介しました。

ゆであずきを作ったら、ゆで汁もいっしょに食べると、あずきのもつ栄養を丸ごと体に取り入れることができます。小分けにして冷凍しておくと、お料理の途中に冷凍庫からサッと取り出して、お鍋に投入することもできます。

いつものお料理に、ゆであずきやゆで汁をちょっとプラスしてみると、栄養価が高まりいつもと違った食感や風味が加わって、より美味しい一皿になるかもしれませんね。

スポンサーリンク
豆類
スポンサーリンク
フォローする
たべぶろ