玄米で納豆つくり。圧力鍋とヨーグルトメーカーで簡単に。

スポンサーリンク
発酵食

昔ながらの納豆は、わらに包まれたものをイメージしませんか。納豆菌はわらに住んでいて、昔はわらで包んで納豆を作っていたんです。その名残で、いまでもわらで包んで販売されている納豆がありますよね。

でも実は、納豆菌はイネ科の植物ならなんにでも住んでるんです。だから、比較的手に入りやすい玄米にも、納豆菌は住んでいます。

今回は、その玄米を使って納豆を作ります。市販の納豆菌や納豆がなくても、玄米と大豆さえあれば納豆ができちゃいますよ。また、圧力鍋とヨーグルトメーカーを使って、時短でできる方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

玄米を使って納豆つくり

玄米と大豆を発芽させて作ります。発芽させることで、やわらかくて食べやすくなります。消化も良くなり、栄養価もアップ!
少し手間がかかりますが、やる価値は十分にあります。

【用意するもの】
圧力鍋
タニカ:ヨーグルティア
大豆・・・400g
玄米・・・100g

【作り方】

  1. 大豆を洗い、ひと晩水につけて戻します。
  2. 大豆を水から上げて、タッパーに入れ発芽大豆を作ります。
  3. 玄米を洗って水に浸け、発芽玄米を作ります。
  4. 1日置いたら、発芽玄米と発芽大豆を圧力鍋で加熱します。
  5. 玄米と大豆を混ぜ合わせ、保温します。
  6. 冷めたら、冷蔵庫に移して完成です。

写真をもとに、詳しくご説明します。

Step1:大豆を洗い、ひと晩水につけて戻します。

11時間くらい水につけました。水の表面に白い泡が浮かんでいますが、これは大豆の成分「サポニン」が溶け出したものです。サポニンはアクと呼ばれ、煮豆をつくるときには取り除かれることが多いです。確かに苦みやえぐみもありますが、コーヒーなどの苦みもサポニンによるもので、強い抗酸化作用があり老化を防いでくれます。

Step2:大豆を水から上げて、タッパーに入れ発芽大豆を作ります。

水気を切って、殺菌したタッパーに移します。

キッチンペーパーを水気がしたたらない程度に濡らしてかぶせ、軽くフタをのせて暗い場所に24時間置いておきます。密閉はしないでください。

途中で2~3回、大豆を水ですすぎます。タッパーに水を入れ、ゆすってから水をすてます。にごった水が透明になるまで、繰り返します。すすぎ終わったら、もういちどキッチンペーパーを濡らして、かぶせておきます。

Step3:玄米を洗って水に浸け、発芽玄米を作ります。

手順2のあと、すぐにこの作業に取りかかります。玄米をさっと洗ってもみ殻などを取りのぞきます。消毒しておいた、ヨーグルティアの内容器に入れて、水を400mlになるまで注ぎます

「大豆」と「玄米+水」の割りあいは、1対1にします。
大豆と玄米は、4対1の割合です。

内フタはせずに、ねじフタを締めて本体にセットします。

本体のフタをずらしてのせ、温度は30℃、タイマーは24時間でスタートします。

内フタをしなかったり、本体のフタをずらすのは玄米が発芽するさいに呼吸をするためです。密閉はしないように気をつけましょう。

Step4:1日置いたら、発芽玄米と発芽大豆を圧力鍋で加熱します。

1日で発芽した大豆もありました。発芽していなくても、発芽スイッチは入っていますので大丈夫です。

まず、圧力鍋にヨーグルティアの発芽玄米を、つけ汁ごと入れます。

付属のすのこなどをセットし、大豆を入れます。

圧力鍋のフタをして強火で加熱し、圧力がかかったら火を弱めて、30分加圧し、火を止めます。

Step5:玄米と大豆を混ぜ合わせ、保温します。

自然冷却してフタがあくようになったら、大豆とすのこを取り出します。

蒸しあがりです。

こちらは玄米です。お粥の状態であればOKです。

熱いうちに圧力鍋に大豆を入れて、お粥と混ぜ合わせます。

ヨーグルティアの内容器を消毒し、そこへ大豆を移します。内フタをしないで、キッチンペーパーを被せて本体にセットします。

本体のフタをずらしてのせ、温度45℃、タイマーを24時間にセットし、スタートボタンを押します

Step6:冷めたら、冷蔵庫に移して完成です。

できあがり。

今回おかゆの水分が多めだったからか、しっとりした納豆に仕上がりました。もう少し保温しておくと、水分が飛んでよかったのかも。

毎回おなじ様にはいかないのが、手作りの醍醐味ですね。お味のほうは、やわらかくて納豆臭のない、美味しい納豆になりました。

冷蔵庫で、1~2日熟成させると、より美味しくいただけます。

おわりに

今回は、発芽玄米と発芽大豆を使ってつくる、玄米納豆の作り方をご紹介しました。

玄米で納豆をつくると、納豆臭がありません。納豆って食べてるときは臭いと思わないのに、人が食べてるとすっごく臭いますよね。

ふだんはこの手作りの納豆を食べているんですが、たまに市販の納豆を食べると、その強烈な匂いに驚かされます。

納豆は好きだけどあの臭いがちょっと。そんな方にも美味しく食べていただける、納豆だと思います。

何より自分でつくると、大豆などの原料も選んで作れるのが良いですよね。納豆は「国産大豆使用」と書かれていないものは、ほぼ外国産の大豆で作られています。また、付属のタレにも保存量が使われています。

手作り納豆に、醤油麹などをあわせると、美味しくて体にも良さそうです。酢なっとうにしても、美味しいですよ。

ヨーグルティアで簡単時短!醤油麹の作り方と美味しい食べ方
塩麹と同じ発酵調味料である醤油麹ですが、塩麹と比べてうまみが10倍あるともいわれています。お料理に加えるだけで味に深みが出ますし、香ばしいかおりとともにおいしさがより引き立ちます。そのまま使ったり、和...
ふわとろ食感がおいしい「酢納豆」の作り方。一緒に食べると効果は?
納豆にお酢を加えると、キメの細かい泡がたくさん立って、ふわトロな食感になります。時間が経っても、ふわふわなまま。 この酢納豆は、ふわふわで食べやすいだけでなく、お酢の香りが納豆特有の臭いを和らげ...