丸ごと買っても大丈夫。【かぼちゃ】の上手な保存方法

スポンサーリンク
果菜類

かぼちゃというと一年中見かける定番の食材のひとつですね。秋になると丸ごとのかぼちゃをスーパーなどでも見かけることがあります。丸ごとだとかなりお値打ちに売ってます。これは秋から冬がかぼちゃの旬だから。

今回はこの丸ごとのかぼちゃを購入した場合に、美味しく保存するコツをご紹介します。ぜひ、秋の味覚の甘~いかぼちゃを丸ごと堪能してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かぼちゃの旬について

かぼちゃの収穫時期は夏から初秋にかけてです。一般的なかぼちゃは収穫後、3ケ月ほど寝かせて水分を飛ばし、甘みを引き出したほうが美味しいため、旬は秋から冬になります。

かぼちゃの保存方法

丸ごとのかぼちゃは長期保存できます

かぼちゃはまるごとであれば、常温で長期の保存が可能です。新聞紙などに包んで、風通しの良い冷暗所に置いておけば、2~3ケ月くらいはもちます。

カット済みのかぼちゃ

カット済みのかぼちゃを購入したり、丸ごとのかぼちゃを使い切れなかった場合の保存方法を紹介します。

生のままなら1週間保存できます

かぼちゃはカットすると傷みやすいので、冷蔵庫の野菜室で保存してください。

種とワタから傷みが進むので、まずはこれをスプーンなどできれいに取り除きます。取り除いたら、種のあった部分と切り口をラップでぴったりと覆い、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れます。1週間ほどは保存ができます。

冷凍庫で長期保存も

手間を掛けずに生のままで

種とワタを取り除いたかぼちゃをよく洗い、スライスや角切りなどお好みの形にカットします。冷凍保存用の保存袋に入れて空気をできるだけ抜き、冷凍庫で保存します。

調理する際は、煮物やみそ汁などの場合は、凍ったまま利用できます。天ぷらや炒めものなど短かい時間で調理したい場合は、電子レンジで解凍してから使用しましょう。このときの解凍時間は100gにつき500Wで1分ほどを目安に。

すぐに使える作り置きとしてマッシュする

種とワタを取り除いたかぼちゃをよく洗い、皮ごとラップで包み、電子レンジでやわらかくなるまで加熱します。

これを熱いうちにつぶしてよく冷まし、薄く小分けにしてラップでぴったりと包みます。冷凍保存用の保存袋に入れて空気をできるだけ抜き、冷凍庫で保存します。

皮ははずしてもつけたままでも。かぼちゃの栄養は皮に多く含まれますので、なるべく残したいもの。料理によって使い分けてくださいね。

かぼちゃのスープやコロッケ、サラダやスイーツなどにもすぐに使えて便利です。

干すと甘みがアップし、長期保存も可能に。

もともと甘みの強いかぼちゃは、天日に干すことで甘みがさらにアップします。揚げ物や煮物だけでなく、スイーツに使ってもおいしく食べられます。

また、「甘みが少なくて水っぽいかぼちゃを買ってしまった」なんて時にも、干すことで甘みがかなりアップします。ぜひお試しを。

かぼちゃの干し方

干し方は、7~8ミリほどのくし形にスライスし、重ならない様にザルなどに広げ、3日ほど天日に干します。このとき、ときどき裏返して下さいね。カラカラに乾けば完成です。冷凍庫で1か月は保存が可能です。

また、ついでにかぼちゃのタネも干すと、市販のパンプキンシードのように食べることができます。

種の干し方

干し方は、タネをよく洗って水けを取ります。重ならない様にザルなどに広げ、3~4日ほど天日に干します。タネの表面にパリパリとした薄い膜ができたら干しあがりです。
キッチンばさみなどで、さきっちょの尖ったところを切り落として皮を剥き、中身を出します。この中身がパンプキンシード。そのままでも、軽く炒って塩を振っても美味しいおつまみになります。

おわりに

かぼちゃはまるごとであれば長期保存が可能だけど、カットしてしまうとあまり日持ちがしない点。また保存の際には生のままや火を通して冷凍すれば、色々な料理にすぐに利用できるため、料理の巾が広がることがポイントです。かぼちゃは彩りもよく甘いので、炒め物やカレーなどにちょっと追加するだけで、料理が見た目にワンランクアップします。

他にも、水っぽいかぼちゃや、まるごと買って使い切れなかったかぼちゃを干すことで、甘みと保存性がアップする点も見逃せません。かぼちゃを切って天日に干しておくだけでいいので、ぜひ挑戦してみてください。