えだまめの選び方とおいしい食べ方

スポンサーリンク
果菜類

夏のビールの友、えだまめは大豆が熟す前の未熟果です。大豆と同じように「畑のお肉」と呼ばれるほど、たんぱく質を多く含み、大豆にはないビタミンCもたっぷり含む栄養価が高い野菜です。えだまめの選び方と美味しい食べ方や、なぜビールのお供にはえだまめが定番なのか?など、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

選び方

黄色くなる手前の豆がきれいに膨らんでいるものを選んでください。甘みがあり、フレッシュさが違います。
さやが黒っぽくなっているもの、黄色いものは古くなっていて、さやの膜がはがれて口に入ってきて食感が悪いです。

さやにはうぶ毛があり、3つずつ豆がはいっているものが良いものです。1本の枝豆の木には3つ豆が入ったさや、2つのもの、1つのものができます。この中で3つ豆が入ったものだけを選んで詰めたものは、やはり食べやすく料理にも使いやすいです。

枝付きのえだまめであれば、枝の間隔が狭くさやが密集していてうぶ毛が綺麗についているものが新鮮です。この場合は枝から切り離すと一気に味が落ちるので、さやを切り離したらすぐ茹でましょう。

7月から9月が旬です。それ以外は冷凍品で、多くは台湾などからの輸入品になります。
千葉、山形、新潟、埼玉、群馬などで栽培されています。

主成分

たんぱく質、糖質(オリゴ糖など)や脂肪(半分近くがリノール酸)が豊富です。

栄養と効能

ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをし、大豆サポニンには抗酸化作用があります。
リノール酸は動脈硬化の予防が、オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌を腸で繁殖させる働きがあります。

血行をよくするビタミンEは肝臓の働きを助けるのでお酒のおつまみにはぴったりなんですね。

冷凍のえだまめがありますが、ゆでたあとに栄養成分が失われないように急速冷凍をしているため、生のえだまめを茹でた時とほとんど栄養は変わりません。旬以外の場合は、冷凍のえだまめを利用するのもいいですね。えだまめは綺麗な緑色なので、チャーハンや炒め物、スープなどに入れると彩りが華やかになって、一段とおいしそうになりますよ。

安全に食べるには?

まず、さやを流水でこすり洗いします。その後塩をふりうぶ毛が取れるくらい揉みます。
多めの沸騰したお湯に塩を入れてゆでます。このときさやの片方を切り落とすと農薬が抜け味がしみます。

保存方法

生のまま保存する場合は、ビニール袋に入れて野菜室で保存します。味が悪くなりますので翌日には食べましょう。
枝つきのえだまめは、枝を1~2cmさやにつけて切り落とし、同様にビニール袋に入れて保存します。
冷蔵保存もできますが、一番のおすすめはすぐゆでることです。

冷凍する場合は、ゆでて水を切り冷凍します。冷凍庫で2ケ月ほどもちます。

仲間

湯あがり娘

豆は緑色で茶豆のような風味がある人気の品種です。

黒豆

コクとうまみが有ります。9月ころに出回ります。

だだちゃ豆

とうもろこしに似た独特の香りと甘みの茶豆です。さやに茶色のうぶ毛があります。茶豆系はふつうの豆よりもうまみを強く感じます。ですが独特の香りがあり、私はちょっと苦手です。味は美味しいんですけどね。

おいしい食べ方

おいしいゆで方

  1. 水に対して4%の塩を用意し、そのうち1/3の塩をえだまめにまぶし揉んでおきます。
  2. お湯を沸騰させ、残りの塩とえだまめを入れて4分煮ます。
  3. ザルに取り、うちわで手分早く冷まします。

おいしい蒸し焼きの方法

  1. フライパンに重ならない様にえだまめを広げ、100mlの水を加えてフタをして中火で5~6分火にかけます。
  2. ザルに取り、塩をふって冷まします。

「ずんだ」って知ってる?

ゆでたえだまめをさやから取り出して薄皮をむきます。水少々と砂糖を加えてこまかくつぶしたものです。
おもちをこのずんだで包んだものが、ずんだ餅として売られています。素朴な甘みでとても美味しいですよ。夏の味なので、ぜひ和菓子屋さんで探してみてください。

まとめ

いかがでしたか?えだまめの選び方は

  • きれいな緑色のさやで、豆がきれいに膨らんでいるもの
  • うぶ毛があり、3つ豆が入ったもの
  • 枝付きは格別

でした。

また、購入したらすぐにゆでるのが、もっともおいしく食べるコツでしたね。知っているようで知らなかったことなどありましたでしょうか?ぜひ、えだまめの選び方と美味しい食べ方を覚えて、たくさん食事にも取り入れましょう。