りんごが茶色!中身が変色してるのは食べられる?原因や見分け方は?

りんごが茶色!中身が変色してるのは食べられる?原因や見分け方は?のイメージフルーツ

りんごを切ってみたら
「中身が茶色になってる!?」

切ったばかりのりんごが茶色だと
ショックですよね。

食べていいものか、捨てるべきかも悩みます。

りんごは切ってしばらく置いておくと、
茶色に変色してしまうものではありますが…

りんごの中身が茶色になってるのは何故?
中が茶色になってるりんごは食べられるの?
茶色いりんごの見分け方はある?

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

りんごの中身が茶色になった原因は?食べられる?

りんごのカット

りんごは買ってすぐの状態でも、切ってみると茶色く変色していることがあります。

りんごの中が茶色く変色してしまうのは、おもに2つの原因が考えられます。

  • りんごの蜜が原因で茶色になる
  • りんごの保存方法が原因で茶色になる

それぞれの原因と、食べられるのかについて詳しく説明します。

りんごの蜜が原因の場合

りんごの蜜

蜜入りのりんごを切ってみると、芯のまわりの蜜が茶色くなっていることがあります。

りんごの蜜は旬の時期を過ぎてくると貯蔵中に少しずつ果肉に吸収され、なくなっていきます。でも甘みは果肉に移るので糖度は変わりませんよ。このときに蜜があまりに多すぎると果肉に吸収されずに茶色く残ってしまうことがあるんです。

この状態を『蜜褐変(蜜腐れ)』といいますが、茶色くなっているだけなら腐っているわけではなく、茶色の部分を取り除いて食べることができます。

ただ見た目も悪いですし、ひどくなると溶けて腐っている場合もありますので、食べずに返品することも検討するといいですよ。
りんごの変色はよくあることで、春先から夏になると売り場に注意書きを見かけます。お店の人に相談すれば返品できることが多いですよ。

りんごの長期保存が原因の場合

りんごの酸化のイメージ

りんごを買ってきてすぐに切ってみると、時間がたって酸化したかのように茶色くなっていることがあります。これは、りんごを長期保存したことにより変色してしまったもの。

りんごは一年中スーパーに並んでいますが、これは旬の秋から冬に収穫されたものが冷蔵されて2月まで出荷されているんです。

さらに長期保存となる3月以降のりんごは『CA貯蔵』という方法で貯蔵されます。このCA貯蔵は、低温で冷蔵しつつ酸素濃度を調整してりんごの呼吸を少なくし、休眠状態にすることで長く美味しさを保って貯蔵できるというものです。

このときに起こりやすいのが『内部褐変』と呼ばれるもので、とくに完熟した甘みの強いりんごを長期保存することで、変色が多くなります。変色しただけなので食べられますが、苦みがあることもあって美味しくはありません。

先ほどの蜜褐変のときと同じく、返品や交換をしてみるといいですよ。レシートがあれば、りんごと一緒に持っていけば相談に乗ってくれます。レシートに電話番号があれば、先に電話で聞いてみるのもいいですよ。

 

じつは私も交換してもらったことがあります。

 

スポンサーリンク

茶色いりんごの見分け方は?

りんご 見分け方

お店で美味しそうなりんごを選んだはずが、切ってみたら中身が茶色いとちょっと悲しくなりますよね。見分けられるといいのですが、方法はあるのでしょうか?

残念ながらりんごの外から茶色になっているものを見分ける方法はありません。プロでもわからないことなので、私たち消費者には見分けることはできないということです。

りんごの出荷の際に光センサーを使って茶色に変色していないか検査しているところもありますが、高価な機械のため全てが検査されているわけでは無いようです。

茶色になったりんごを見分けることはできませんが、なるべく避けることはできます。

それは…

「りんごを購入したらすぐに食べること」

春から夏の季節は一年近く保存されたりんごなので、自宅で長く保存するのは危険です。購入時点では茶色に変色していないりんごも、自宅で保存している間に変色する可能性が高いです。たくさん買わずにそのつど食べきれる分だけ購入しましょう。

それでも茶色くなったりんごに当たってしまうこともあるでしょうが、
「りんごの変色はよくあること」
なので、あまりくよくよしないで返品・交換を申し出ましょう。

返品や交換が面倒なら、お砂糖と甘く煮て煮りんごやジャムにするのがおすすめです。甘く煮てしまえば、多少味が落ちていても美味しく食べられますよ。酸味が欲しければレモン汁などを加えるとより美味しくなります。炊飯器でもできるので、一度お試しくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • りんごの中身が茶色いのは、りんごの蜜または長期保存が原因の変色
  • りんごが茶色に変色しても食べられるが、美味しくはなくなっている
  • りんごの変色は外から見分けることはできないので、春から夏はこまめに購入がおすすめ

一年中購入できるりんごは、さまざまな技術で貯蔵され美味しさを保つ努力がなされたたまものです。ただし収穫されてから長く保存されているため、お店に並んでからの賞味期限は短いと考えた方がいいでしょう。長期貯蔵されるりんごには向き不向きがあり、向いているのはふじやジョナゴールドなどの貯蔵性の良い品種です。

一年中りんごが買えるのは嬉しいのですが、やっぱり美味しいのは旬の季節です。

旬になるとたくさんの品種のりんごが売り場に並びます。毎年初めて見るりんごがあったりして、次はあれを試そうかななんて考えるのも楽しいものです。

りんごは鮮度の良いうちに、美味しく食べたいですね。

旬のりんごの保存方法はこちら

りんごの保存は常温と冷蔵のどっち?シャキシャキのまま長持ちのコツは?
りんごはどう保存すれば長持ちするのかご存知ですか?今回はりんごの保存方法について、ご紹介します。 りんごは常温と冷蔵どっちが正解?切ったりんごを美味しく保存するには?日持ちさせる方法は?美味しいりんごの見分け方は?そんな疑問にお答えします。
タイトルとURLをコピーしました