れんこんの穴が黒いとき、食べても大丈夫?白くする方法はあるの?

スポンサーリンク
根菜類

れんこんは、他の野菜と比べてとても変わった形をしています。外から見るとただの太くて長い棒のようですが、輪切りにすると可愛らしい穴がきれいに並んでいます。

薄い輪切りにしたあとお花の形に切り抜いて酢レンコンにしたり、油で揚げてチップスにしたりと、その独特な形を楽しむお料理も多いです。

そんなれんこんを特徴づける穴ですが、「切ってみたら黒ずんでいた」なんてこと、ありませんか。真っ白なれんこんを想像していたのに、中が黒くなっていると「カビ?」「土汚れ?」なんて心配になりますよね。果たして洗って黒いのが取れれば食べられるのか?などの疑問もわいてきます。

今回はれんこんの穴が黒くなる原因と対処法をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

れんこんの穴が黒いのはどんなとき?

れんこんを切ってみたら穴の中が黒い」とき、考えられるのは次のどちらかの原因によるものです。

・土による汚れ
・酸化による変色

はじめから切り口が見えていて、周りに土がついている状態なら土汚れの可能性もありますが、切ってみて穴が黒い場合は酸化による変色の可能性が高いです。

なぜれんこんは酸化してしまうの?

れんこんにはポリフェノールの一種である「タンニン」が含まれています。このタンニンは空気に触れることで酸化して、茶色などに変色します。れんこんを収穫してから時間が経ったり空気に触れたりすることで、れんこんが黒くなってしまうのです。

れんこんの穴が黒い場合は、食べてもいいの?

大丈夫、食べられます。

土汚れの場合は、水にしばらく漬けてから穴の中をめん棒などでこすると、土をきれいに落とすことができます。れんこんを縦に切ってから洗うと洗いやすいですよ。

ただし、小さいれんこんの場合は穴も小さく、綿棒も赤ちゃん用などの細いものであっても入らないこともあります。めん棒がだめなら、つまようじなどでこすってみましょう。よく100円ショップなどで見かける、ストローの中を洗うブラシを使っても良いかもしれませんね。

穴の中をひとつひとつ洗うのは、なかなか手間がかかる作業です。土がれんこんの穴に入っているものは、収穫するときに途中で折れてしまったものです。折れた部分から土が入り込み、出荷する際に洗い流しきれなかった土が残ったまま店頭に並べられたものです。

カットされたれんこんは購入する際に穴が汚れていないか表面に傷がついたり穴があいたりしていないかよく確認することをおすすめします。なるべくなら余計な手間は省きたいですよね。

酸化している場合は多少鮮度が落ちて固くなってはいますが、そのまま食べることができます。

変色が気になるという方は、薄い酢水にしばらく浸けておくと白くなります。ただしあまりに鮮度が落ちていて変色が広がっているときは、白くならないこともあります。

30分くらい酢水につけても黒いままなら、黒い部分をこすってみて土汚れかどうか確認してください。こすっても落ちなければ、それは土ではなくて酸化している証拠です。

酸化していても食べるのには支障はありませんが、気になるようなら黒く変色している部分を切り取ってしまいましょう。

狭い範囲なら、その部分を薄くスライスして切り取ります。穴全体が黒くなっている場合は、縦にカットして汚れの部分を切り取ります。

輪切りで使いたいソテーやてんぷらなどには使えませんが、みじん切りにしてキーマカレーの具材にすると変わった食感が楽しめます。
またすりおろしてお味噌汁などに入れても、とろとろとして温まりますよ。

食べてはダメなときもある?

れんこんの穴が黒や茶色に変色している場合や土汚れの場合は、食べても大丈夫です。ただし、次のような症状が見られる場合は、注意が必要です。

・カビが生えている
・異臭がする
・触ると柔らかくなっている
・表面がヌルヌルしている
・切ったときに全体に変色している

これらの症状がひとつでも当てはまるなら、れんこんが傷んでいると考えられます。潔く処分しましょう

購入してすぐに切ってみたら傷んでいたというときは、交換や返金などの対処をしてもらえることが多いです。購入した際のレシートに電話番号が書かれていることが多いですので、まずはお店に問い合わせてみましょう。

まとめ

れんこんは泥水の中で育ち、収穫されて初めて空気に触れます。そのため収穫後は酸化が徐々に始まり、れんこんの穴は黒くなりやすいです。ですが酢水に浸けることで、ある程度は白くなります。

また、れんこんを収穫する際に途中で折れたり傷がついたものは、中に泥が入り込みます。切り口近くの穴の中に土が見える場合には、洗う手間がかかりますので購入はなるべく避けたほうが無難です。

土がついていたり酸化して黒ずんでいても、食べることには支障はありません。土は洗えば取れますし、黒ずみは色が変わっているだけのことです。

あまり神経質にならずに、お醤油などの色の濃い調味料を使った料理や、みじん切りやすり下ろしてお好み焼きに入れたりと色を気にしない食べ方でおいしくいただきましょう。