クリームチーズを冷凍するとパサパサに分離する?避けるコツはある?

クリームチーズを冷凍するとパサパサに分離する?避けるコツはある?のイメージ発酵食

クリームチーズはフレッシュな美味しさが魅力ですが、
日持ちが悪く保存の難しい食材です。

使いかけのクリームチーズは
硬くなったりカビが生えてしまったりして
美味しく食べられなくなることも。

そこで今回はクリームチーズの美味しさを保ったまま
保存するためのコツを紹介します。
冷凍すると長く保存できるのでおすすめですよ。

スポンサーリンク

クリームチーズってどんなもの?

「クリームチーズと他のチーズとの違いがあまりよく分からない」という方のために、クリームチーズについて少しご紹介しますね。

クリームチーズは生乳とクリームを乳酸発酵させてから水分をとりのぞいただけの、熟成されていない軟らかいフレッシュタイプのチーズです。見た目は白く、乳酸菌の軽い酸味と乳脂肪の豊かな味わいをもち、なめらかな舌ざわりが特徴です。カッテージチーズやモッツァレラチーズ、裂けるチーズなどもこのフレッシュタイプに含まれます。

クリームチーズの食べ方は?

クリームチーズを塗ったパンの上にフルーツいっぱい

そのままおつまみとしても食べられますが、パンやベーグル、クラッカーなどにフルーツやはちみつ、ジャムなどを添えて食べるのがおすすめです。ツナと混ぜたディップソースはオードブルにもなりますし、ドライフルーツやナッツ、スパイスなどと混ぜると手軽にお洒落なデザートにもなりますよ。

チーズケーキの材料には欠かせないチーズで、作ったことのある方も多いのではないでしょうか?

私もチーズケーキ大好きです!

冷蔵庫から出したてのクリームチーズはやや硬いので、食べる前に常温に戻しておくと柔らかくクリームのようになめらかな舌触りになり、扱いやすくなります。

どんなクリームチーズがあるの?

クリームチーズには、プレーンの他にもハーブやナッツ、フルーツなどの風味がつけられたものなどバラエティも豊か。

日本のスーパーでもみかけることの多い kiri は、世界中で愛されているフランス産のクリームチーズ。おつまみとして食べられる小さなキューブタイプをよく見かけますが、1キロサイズの大容量も販売されています。チーズケーキをよく焼くなら、この大きなサイズは魅力的ですよね。

スポンサーリンク

クリームチーズの保存で気をつけることは?

クリームチーズのイメージ

クリームチーズの賞味期限は1ヶ月ほどのものを多く見かけます。中には3ヶ月~6ヶ月ほど日持ちするものもありましたよ。

1ヶ月も持つのなら、安心して大きなサイズを買っておけますね。

「クリームチーズは賞味期限が長いので、冷蔵庫に入れておけば安心」と思いがちですが、賞味期限や消費期限は未開封の場合が前提になっています。いったん開封したあとは、この期限はあてにならないため注意が必要です。
パッケージにも「開封後はお早めにお召し上がりください」との記載を見かけます。

確かにクリームチーズは開封して1週間もするとカビが生えてしまったり、風味が落ちてしまいやすいですよね。クリームチーズを美味しく保存するなら、次のポイントに注意しておきましょう。

  • クリームチーズを乾燥させない
  • クリームチーズの開封後は1週間を目途に使い切る

クリームチーズは乾燥に弱く、空気に触れてしまうと劣化しやすいうえに水分を多く含むためカビが生えてしまうことも。クリームチーズはなるべく空気に触れないようにして、冷蔵保存することが大切です。
クリームチーズやバターなど箱に入った状態で売られている物は、買った時の箱でそのまま保存する人もいますが、そのままだと切り口が空気に触れやすく水分が抜けて固くなりがちです。乾燥を避けるにはクリームチーズの切り口をラップでぴっちり包み、そのうえでフリーザーバックなどに空気を抜いて密封保存するようにしましょう。

クリームチーズはフレッシュタイプのチーズなので鮮度がおいしさを左右します。開封した後は賞味期限にかかわらず早めに食べ切るのがおすすめです。遅くても1週間以内には食べきるようにしましょう。

スポンサーリンク

クリームチーズを長期保存する方法は?

クリームチーズのイメージ

クリームチーズの開封後に使い切れないときや、賞味期限よりも長く使いたい場合は冷凍保存することもできます。

ただ冷凍前とは食感が違ってくるため、メーカーによってはおすすめされていないところも。
確かに多少水分が分離してパサついたり、滑らかな食感がなくなって舌触りが悪くなってしまうことがありますが、加熱すれば気にならない程度に戻ります。

クリームチーズの冷凍のしかたは?

クリームチーズを冷凍するなら、空気に触れさせないように注意しましょう。
クリームチーズが空気に触れていると霜がついてしまい風味が落ちたりカビが生えやすくなります。また空気に触れて乾燥することで水分も抜けてしまいます。

さらに使う時のことを考えて、使いやすいサイズに小分けにしておくことも必要です。
大きいままの塊りをそのまま冷凍してしまうと、冷凍庫から出したてのクリームチーズは硬くて切ることができませんが、柔らかくなるまで待つとなると解凍が進んでしまいます。たとえ残りをすぐに冷凍庫に戻したとしても、解凍と冷凍を繰り返すことになってしまい風味の劣化につながります。

クリームチーズを冷凍するときは、使いやすいサイズに切り分けてからラップでぴっちり包み、フリーザーバックに入れて空気をしっかり抜いて冷凍庫に入れましょう。

こうしてしっかり密封しておけば、クリームチーズを1ヶ月程度は保存できます。ただし冷凍している間も風味の劣化は少しずつ進むので、美味しいうちに食べきることをおすすめします。

スポンサーリンク

冷凍したクリームチーズの解凍方法は?

水分の多いクリームチーズを冷凍すると、水分と油分が分離してパサパサになりがちです。これを避けるには、解凍方法に気を付けることが大切です。上手に解凍すれば、分離することなくなめらかなクリームチーズが味わえますよ。

加熱して使うなら解凍不要

冷凍したクリームチーズを加熱調理するのなら、解凍しなくても凍ったままで使うことができます。例えばキューブ状にカットしたクリームチーズをフライにする場合は、凍ったまま衣をつけて揚げても大丈夫。

グラタンやパスタのソースを作るときも、凍ったクリームチーズをそのままお鍋やフライパンに入れてしまえばいいので解凍の手間が省けて楽ちんです。分離してしまってもよくかき混ぜれば問題ありませんよ。

上手な解凍の方法は?

冷蔵庫

冷凍したクリームチーズを使うときに急いでいるからといって電子レンジで解凍してしまうと、急激な温度変化により水分と油分が分離してボソボソとした食感になりがちです。

これを避けるには、解凍は冷蔵庫でゆっくり行うことです。分離が少なければ少ない程、解凍後によく混ぜることで冷凍前の状態に近づけることができます。

時間はかかりますが手間はかからないので、大きさにもよりますがクリームチーズを使う予定の前の晩から冷蔵庫へ移しておけば、ほぼ解凍できていると思いますよ。

まとめ

  • クリームチーズの開封後は、乾燥に注意し1週間以内に食べきること
  • クリームチーズが余ったら、しっかり密封して冷凍すれば1ヶ月は食べられる
  • 冷凍したクリームチーズは、分離しないよう冷蔵庫でゆっくり解凍すること

クリームチーズは新鮮なうちが一番美味しいので、早めに食べるのがおすすめです。食べきれなくて余った場合は冷凍保存もできますが、徐々に味は落ちていきますので早めに食べるようにしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました